US Open Tennis
去年はあまりの忙しさに、断念したUS Open Tennis観戦。
今年も子供連れでテニス観戦は厳しいなあ、、と半ばあきらめていた
のですが、嫁さんが見かねて、「私たちはいいから、いってくれば?」
との一言。素晴らしい嫁だ。笑

急遽、テニス部の友人2人、TK氏とPeterと3人でいってきました。
ふらっしんぐめどおおお!!!!
(Iゾー君いいだろー。笑)

朝6時過ぎのバスで2時間でNYに。そこから地下鉄で30分程度。
やってきました、ふらっしんぐめどおおお!!(しつこい。)

ここに来たのは、学生時代にバックパックアメリカ横断旅行を
やった時に訪れて以来なので、14年ぶり。
当時と同じように、駅から会場まで橋が架かっていて、
様子は変わっていません。あの頃の自分に一瞬戻ったような気がして
不思議な感覚。

会場には、歴代優勝者の旗があって懐かしい顔がいっぱい。
これは、サンプラスとセレシュ。


他にもグラフやら、アガシやら、レンドルやら、エドバーグやら。

この会場は、NYの雰囲気そのもの。ざわざわとした雰囲気かつ
空港が近いので、ばんばん飛行機が上空を横切り、轟音が鳴り響きます。


金曜日のこの日は、メインのアーサーアッシュスタジアムでは
女子シングル準決勝と男子ダブルスの決勝。

でも、こういった大会で意外と面白いのがサブのコート。
選手と数メートルの距離で見れるので、選手の動きや精神状態が
手に取るようにわかります。

男子ダブルスは結構一方的な感じだったので、サブの
ジュニアの準決勝や、女子ジュニアのダブルスなどを見てました。

この台湾、中国ペアは、将来有名になりそうな予感。。
ジュニアなのに、すさまじいストロークうってました。


そして、いました。ナダル!
ミーハーに写真とりまくったので、ここからナダル写真4連発。


すごい人だかりだったのですが、前にいたご婦人が場所を譲って
くれました。笑
「とった写真おくってくれない?」と頼まれたので、勿論!と快諾。
名刺をもらったら、医学会で有名な教授でした。
「また、来年同じ場所であいましょうね!」と。
いやあ、是非会いましょう。

女子は、事実上の決勝戦と言われていたWilliams vs Clijstersの一戦が
もつれにもつれる、大接戦!


1stは、圧倒的にWilliamsペースだったのに、ママさんプレイヤーClijsters
も、持ち前の強打と精神力で、徐々にWilliamsを追い込みます。

1stセットのwilliamsを見て、「こりゃ、人間では勝てんな、、」と
話をしていたのですが、そこからまさかの大逆転劇。

結局、4-6, 7-6, 6-4 で、Clijsters勝利。
あまりの劇的な勝利に、会場全体が揺れていました。
(決勝は予想通り、6-2,6-1でClijstersの圧勝)

夜8時半発のバスでフィリーの自宅にもどったのが11時頃。
夢のような一日でした。
| スポーツ | 10:04 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
データで見るWカップ
いよいよ明日(アメリカでは深夜)予選突破をかけたデンマーク戦。

Wカップは、チャンピオンリーグよりレベルが低いと言われる
けれど、これはこれで、国の威信を懸けた試合で、トッププレイヤーが
全力を懸けて戦うわけで、見ていて本当に面白い。

今回のWカップは、個人選手の能力だけではなく、各国がどれだけ
まとまっているか、チームワークがとれて、勝利に向かって一体と
なっているか、が予選突破の重要なファクターとなっている様子。

それぞれのチームのエース格が集まってきて、しかも
チームとして活動、練習する時間が少ない、という環境のもと
チームワークを形成するのは、なかなか難しいだろうなあと
容易に想像されます。「なんで俺がでれねえんだ」という不満が
たまるだろうし。

フランスの分裂(いじめって、、大人なんだから、)しかり、
カメルーンではアーセナルのソングが監督との確執から出場せず
日本に有利に働いた。
また、我が日本では、前回のドイツWカップでは、レギュラーと控え組が
まっぷたつに割れてしまい、チームとして一体感がなく敗退してしまった。

一方で、チーム分裂の危機がさけばれたイングランドは
名将の誉れ高いカッペロによって、なんとか予選突破を
決めた。

そういう意味では、今回出場機会が最も少なく難しいとされる
第3GKとして、チームをまとめる役割を任せるため川口を選んだ
岡田監督の狙いもばっちりだったわけですね。

個々の能力では負けるけど、1+1 = 2 以上になっている日本と
1(2?) + 1(2?) = 2以下になっているチーム という感じでしょうか?
自分を殺してでも、自分が属する組織の為に、という日本人独特の
美徳が世界でも通用している気がします。

ここからは、それだけでは通用しない戦いになってきそうでは
ありますが、、

また、それぞれの監督がどう戦術をたてて戦っているのか
といった点についても、非常に興味深いです。

様々なライターの方々が、Wカップについて、日本の戦術について
書かれていますが、僕のおすすめは、日経BPで掲載されている

データをもとに試合を分析されており、岡田監督の
狙わんとしていることの一部が理解でき、
感情論で議論するメディアとは、一線を画したレベルの高い内容で
おすすめです。

日本が今日勝って(引き分けて)もう少しWカップを
楽しみたいなあ。。ともあれ、こんなわくわくする試合を観戦できる
幸せをかみしめながら、応援したいと思います。頑張れ、日本!
| スポーツ | 07:30 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE