各国のタクシー事情
深夜、時差ぼけ&食料がない ので、家の目の前にあるコンビニに
買い物をしにいきました。夜、周りを気にしながら歩かなければいけない
アメリカ(いや、フィリーか?)の雰囲気大好きです。

さて、中国で2,3度本気で車に轢かれかけました。

道路をわたるとき、日本では、歩行者優先なので、信号だけ見ておけば
いいですしあんまり無茶な運転をする人もいません。

が、車優先のアメリカでは(多分中国も。中国はもう何が優先なのか
わかりません)信号と右折してくる車だけ注意してれば基本Ok。

一方、中国では、信号だけ見てると即死します。右or左後ろから
右折してくる車&右前 or 左前から右折してくる車にも
注意しながら、信号が赤でもつっこんでくる車にも注意です。

なれりゃ、どうってことないんですが道路の渡りかたにさえ、
国々の違いがでて面白い。

タクシーでも、中国の運転はF1ドライバー並(ただし運転技術は
普通の人並、車体はペラペラの鉄?で追突したら一撃であの世いき
決定で肝を冷やします。

中国のタクシードライバーは、経験があれば星がもれるようになっていて
最高で7つ星(僕が乗った中では、最高が4つ星の女性ドライバーでした)
なので、星ありのドライバーにのることをおすすめします。

中国は初乗り12元(約150円)で、結構な距離乗れるので便利ですが
北京の交通事情は悲惨です。幹線道路は常に大渋滞で、時間が読めない
ので地下鉄の利用がいいかも、、ただ地下鉄もすごい混んでますし、
ドアが空いた瞬間乗る人と降りる人が殺到します。別にぶつかっても
あまり気にしないようです。

その他にも香港は、乗るときにドライバーの登録番号、連絡先まで
渡してくれるきめ細かいサービスがあったり、アルゼンチンは
タクシー移動がメインですが、車の量が多すぎてしかも車線を誰も
守らないので、車線の意味が全くなかったりします。

日本の強みの一つは、サービスのレベルの高さだなあ、と
タクシー一つをとっても実感しますが(時にtoo muchな時も
ありますが)、それ以上に日本人が求めるサービスレベルの高さも
世界一なんではなかろうかと、そこに国民性が見えて面白いと
思うと同時に、なんでそこまで日本人は求めるんだろう、
と自分のことも含めて不思議に思ったりもします。

| 中国 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
さらばCEIBS
いよいよ約2ヶ月間の中国生活の終わりが近づいてきました。
毎日同じメンバーで朝から晩まで、授業を受けていたお陰で
クラスメートとすごく仲良くなれたので、寂しい気持ちで一杯です。

彼らは、CEIBSに今年入学したので、丁度去年の僕のように、今は
嵐のようにやってくる毎日の授業、宿題、チームワーキングに
疲弊ぎみ。そんな忙しい中、Farewell partyをわざわざ開いてくれました。

(ところで、CEIBSは、40%程度中国人以外のinternational studentsが
占めていますが、残念ながら日本人は昨年は0名、今年は2名だけ。
上の写真の中でも、僕たち夫婦以外は、日本人の方が一人だけです。
一方、韓国人は20名近くと一大勢力とのこと。
中国でビジネスをやっていく方には、すごく魅力的な学校だと思います。)

新しい環境、新しい仲間と、すべてが新しい状況で、
かつストレスフルな量の課題を与えられるので、仕方がないといえば
仕方がないのですが、慣れるまで少し時間が必要です。

経験者として?少し偉そうですが、はじめの数ヶ月さえ
超えれば楽になるよ、とアドバイスしてみました。

僕も、去年2年生からそうアドバイスをもらいましたが
「ほんまかいな?」とあまり信じられませんでしたが。。

いつになるかわかりませんが、皆との再開を誓いました。
これから、アジアでビジネスをしていく上で、
きっと会えるはず、そして、一緒にビジネスできる日がくる
はず。

Keep in touch. 彼らと会えただけでも、中国にきて本当に
よかったと思える夜でした。
| 中国 | 02:23 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
中国 故宮と万里の長城
前回のエントリーからはや1ヶ月近く。

7月末、日曜日の午後授業終了後すぐに、上海から東京に飛び
某コンサルティング会社で2週間インターンをさせていただき、
終了後上海に戻りその後学校に通いながら、なんとか
ファイナルペーパーをしあげた後、北京のS社時代の
同期の家にお邪魔して、会社の北京事務所&合弁会社のオフィスを
訪問し、そして今香港にいます。

ばたばたしていますが、アジアの息吹を感じることができて
大満足。

月並みですが、万里の長城と故宮にもいってきたので、
写真のせておきます。

万里の長城
総延長は、8851.8km、のろし台は5700以上とのこと。
スケールがでかすぎて、これを作るのにどれぐらい労働力とお金が
かかったんだろうか。。


約1名ドラゴンボールの元気玉作っている馬鹿がいますがご容赦を。

故宮
清朝滅亡まで、皇帝の宮殿と使われていた故宮。
紫禁城とも呼ばれています。

中国の地方から、大量の人が観光にきていて、すごい人でした。
一通り歩くだけでも、1時間以上かかりました。入場料60元と
中国人の所得を鑑みると意外と高いですが(1元は凡そ14円)
北京を訪れたからには、やはり必見。スケールのでかさと
歴史を感じる建物の造りには、中国4千年の歴史を感じます。


北京では、ウォートンのクラスメートにも会うことができました。
彼がCEOをやっている会社が近々IPOをするとのこと。
今度、秘書として雇ってね、とお願いしておきました。
こんな気の利かない秘書は、一瞬で首だろうな。。

中国で働く日本人の方々とも色々お話する機会がありましたが、
文化の違い、商習慣の違いを理解することがまず肝要とのこと。

当たり前の話ではありますが、違いにストレスを感じることも多々あるので
実際働くとなると、自分自身が腹に落ちながら働けるほど
理解するには、数ヶ月はかかる&本音で語れる、相談できる中国人の
パートナーが必要だなと、感じました。

郷に入りては郷に従え。 頭では分かっていても、実際に行動に移すには
難しいもの。少しでも早いうちに、若いうちに、頭が柔らかいうちに
中国で働くチャンスを得たいなと強く思った次第です。
| 中国 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
上海生活1ヶ月
上海生活が約1ヶ月経とうとしています。

平日の9ー16時で中国語のクラス
土、日に9−17時でMBAのクラスをとったので
休みなしの24日連続クラス受講。

その間にも、CEIBSの学生達とのディーナーや
中国人クラスメートに誘われての起業ディスカッション
などまさに休む暇がありません。

完全に自爆しました。笑
今って夏休みのはすなんですが。。

今面白いのは、下記3つ。

1. 中国語の勉強

大学で専攻していたような記憶も微かにありますが、
ほぼ初めて学んでいます。新しい言語を学ぶというのは
めちゃくちゃ面白いです。
アメリカに戻っても、どうにか授業をとって勉強を
続けたいと思います。

2. 中国人とのビジネス立ち上げ

こちらの学生は、俺はビジネスをやるんだ、という人が
本当に多い。彼らが口々に言うのは、今はチャンスがそこら
中に転がっている。今やらないんで、いつやるんだ!と。
アメリカ→日本→中国 とビジネスは流れている面が
多いので、アメリカ、日本で行われているビジネスの
アドバンテージ、リスクなどを伝えながら、プランを練っています。

うーん、、、上海に残りたいかも。。
ビジネススクールって、ビジネスを成功に導く為に
学んでいる為の場所なわけですが、後1年勉強するのと
今上海に残って、自分でビジネスをやるのと
どちらが自分にとって魅力的なんだと考えると、自ずと答えが、
出ている気が。。と真剣に悩む今日この頃。

今ここにいれるのも、社費留学として送ってもらっている
わけで。。

3.MBAの授業でとっているSustainable Marketing

イギリス人の教授が、CSRの領域を超え、企業価値を増加させるような
様々な活動を、フレームワークを使いながら紹介していきます。

最終レポートがあるのですが、僕が日頃から注目している
Mother house をケースとして取り上げたいと思っています。

それにしても、Mother house のミッションのページって
読んでると泣けてきますね。


そんなこんなで、大忙しの毎日です。
今週の日曜日、授業終了後すぐに上海から東京に戻り
2週間のインターンです。

久々の日本も楽しみだなあ。

| 中国 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
上海生活1週間たって
上海にきて、1週間ちょっと経過。

上海在住の日本人の方々が、60人以上集まる会に
参加させてもらったり、Wカップ優勝で浮かれまくっている
スペイン人(CEIBSでは、中国人をのぞくと最大勢力)と
中国語を勉強したりと、中国ですでに5社会社を立ち上げ
その内1社をIPOした中国人の同級生と飯をくって話を
聞いたりと、ここでしか出会えない方々と
会うことができ、あっという間に時間がたっていってます。

上海の感想なのですが、ある会社からの赴任者が
音をあげて帰ってしまった、空気が汚い、マナーが悪い
等々聞いてはいましたが

はっきりいって、、



かなーり、いいです。
ここで暮らしたいぐらい。笑

その一番の原因は、やはり食事。

ペンシルバニアも結構気にいってますが、
在住日本人が4万人、出張ベース等も入れると10万人の日本人が
上海にいるだけのことはあって、日本食も充実しているし
中華料理も、安くておいしい店がいくらでもあります。

アメリカのハンバーガー&フライドポテト とはえらい違いです。
さすが4000年の歴史、200年やそこらの国とは違います。
同じアジア人として、やはりハンバーガーより中華料理を
食べるとほっとします。

また、万博の為に急速に整備された地下鉄、道路のおかげで
交通は非常に便利ですし、街も表通りを歩いている限りは
普通に綺麗。(地下鉄のおかげで、中国名物の
自転車渋滞が大分なくなったとのこと)

またマナー改善活動が功を奏しているようで、そこら中で
つばを吐く人も、5年間に比べ随分減っている感じ。

勿論、街を歩いていると、たまに人はぶつかってきますし、
列にはわりこんでくる、さらに、地下鉄ではおりる人を待たず、
乗ってくる。
道路をわたるときは、青色だからと油断すると、右折で
突っ込んでくる車に(必ず)轢かれる、タクシーの運転が
荒くて、ジェットコースターに乗っているみたい 等々、
相変わらずだなあ、と苦笑する所はありますが、まあ、住めば都、
郷に入りては郷に従え です。

また、1週間いるだけなので、何ともいえませんが
仕事、サービスに関して中国の方はすごく熱心な
イメージを持ちました。(アメリカとの比較ですが)
例えば、コンビニ、レストラン、マッサージ等々のサービスを
通して、仕事に対して一生懸命、どん欲な印象を受けました。

すでに、富を手にしている国の人のマインドと、
今から富を手にしようとしている国の人とのマインドの違いでしょうか?

郊外にいくと、また全く違う世界が待っているとのことなので
休みを使って、郊外にも行ってみたいと思います。

あ、ちなみに、外国人は入国後24時間以内に所在地を政府に届ける
必要があり、携帯は基本内容は聞かれているそうです。
中国は3権分立ではなく、共産党が、行政、司法、立法を「指導」します。
そして、なんと軍隊は「国」の軍隊ではなく、「共産党」の軍隊です。
これもまた、中国なり。
| 中国 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
FacebookとTwitterへのアクセス制限
中国では、ネット上でのアクセス制限があることは知っていましたが
実際にFacebook, Twitter,一部のブログにアクセスできないとなると
非常に不便です。

サーバーを海外に飛ばす方法があるとのことなのですが、
どなたかいい方法ご存知であれば教えてください。(って違法?)

ネット上だけでなく色んなところで共産主義を実感します。
日本は社会資本主義と呼ばれますが、中国は共産資本主義でしょうかね?

ということで、Facebookに誕生日コメントを書いてくださった方
twitterにコメントくださっている方、無視しているわけではないので
ご容赦くださいませー。
| 中国 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
上海到着
上海に到着しました。
約2ヶ月間、中国語の勉強とMBAの授業を受ける予定です。

上海は5年前に一度来ているのですが
そのときに比べると、高層ビルやショッピングセンターが
非常に増えていて、また街の清潔感、街を歩く人々の
服装が、大分かわっていて驚きました。

経済成長の様子が、肌で実感できます。

通うCEIBSは一学年約200名、その内international studentは
37名。上海市とEUが共同設立したこともあり、
ヨーロッパからの留学生が目立ちます。

スペインが最大勢力で、オランダ、ドイツ、フランス、ポルトガル
メキシコからも来ています。
2番目に人数が多いのは、韓国で10数名。日本人は残念ながら
昨年は0名。今年は2名いらっしゃるようです。

来ている理由を聞くと、口々に「これからは中国の時代だよね。
卒業後5年ほどは滞在して、チャンスをつかみたい」といいます。

中国国内からも、優秀な人材がきているようでGMATの平均も
700点とのこと。

日本からの留学生はまだ少ないようですが、今年入学される方は
「アメリカのMBA生は既にたくさんいて、エッジがたちにくい。
中国のMBAを卒業して、中国語、ビジネスの理解、人脈を
しっかり作った方が、エッジがついて絶対いいですよ!」
と力強く語ってくれました。

今なら海外からの留学生は、そこまで(中国人の受験生よりは)
GMATの点数も要求されないとのことなので、僕的にもかなり
おススメです。

この2ヶ月間できるだけ人と会いながらも、しっかり勉強して
ある程度は中国語を話せるようになりたいなあ、と思っています。
しっかし、、中国語は発音が難しい、、、
| 中国 | 06:54 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE