<< 日経キャリアマガジン | main | 確定申告と桂福丸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
荒井裕樹さん 
先日、情熱大陸に出ていた弁護士の荒井祐樹さんの書籍『論理力』を本屋で見つけて買ってみました。

失礼な話、あまり期待していたわけではなかったのですが
滅茶苦茶面白くて、勉強になります。

タイトルにあるように『論理力』について書かれているのですが
それ以上に個人として生きる、組織に頼らず個人のブランドを高めるという考え方そしてそれを実際に実行されている荒井さんの活動をかいま見ることができます。

印象に残った点をちょっとだけ抜粋

・交渉は感情的になったほうが負けである。
 もっともよい交渉の仕方は、相手を一生懸命「説得」するのではなく、自然と相手に「納得」してもらうことである。

・論理的交渉で心がける3つの心がけ
  ‐霾鵑鮗集して全体の状況をできるかぎり正確かつ広範に把握すること
  把握した状況を踏まえて交渉の「ゴール」を設定すること 
   ここで、「野心」の大きさが問われる。が、現実的な着地点を見据えて
   考える必要あり。
  自分でコントロールできることと、コントロールできないことをきちんと
   峻別して、自分でコントロールできる要素があったらそこに全力を注ぐこと。
   特に、自分の側にリスクがあるときは、それを可能な限り小さくする努力を
   しなければいけない。

組織に頼らずに個人として生きていく為の準備、そして、同世代のイチローや松井、中田ひでに年棒で追いつくという目標も、実は僕が密かにもっている目標と一緒で他にも共感する部分が多く(荒井さんの方が全然先にいってますが)刺激を受けました。何より年齢が同い年なのです。またも76世代。。

そして、最後のあとがきが最高です。

本書を書いた理由について

〜まず前提として、業務がきわめて多忙な中で、私が本書を書くビジネス上のメリットはほとんどない。本書の売り上げによる収入を期待しているわけではないし、本書を書くことで安価でノウハウをばらすことになる。(本書を書いたノウハウには、売り上げからの収入以上の経済的価値があると思っている)(中略)それでも本書を書いたのは、私が「個人の力」で勝負する「個人の時代」の到来をより近くに引き込みたいからだ。(後略)


確かに、すごく共感した同時に、刺激を受けました。
いやあー、本当にお勧めの一冊です。

| 日記 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/168
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE