<< MBA受験 GMAT編 | main | Whartonでサバイブできるのか? >>
MBA受験 GMAT編
 GMAT編の続き。。

では、勉強方法はどうしたかというと、
先輩たちに聞くと、独学でもできるが、取り組むのが僕の場合
遅かったため、時間をお金で買った方がいいのでは、
というアドバイスをもらった。

そこで、まずはアゴスで一番基本のGMAT入門コースを受講。

アゴスの中山先生は、GMAT受験では超有名な先生で
教え方もすばらしい。(そのあと、個人レッスンも1度していただいたり
メールでの質問にも即レスで答えてくださったりと
非常に親身になってくださったいい先生でした。)

ここで、GMATとはなんぞや?という基本を押さえることができた。
が、どうしても大人数になるのと、コストがかかるということで、
基本コースだけ受講。

その後、HBSに進学がきまった親友Mの勧めで
SCで有名なYESという塾に通う。

イフの元看板教師、吉井先生という方の塾で
御徒町の非常に怪しいマンションの一室で教えている。
(どうでもいいが、御徒町にいくと、大阪の地元に帰ってきた
気がしてちょっと嬉しかった。)

評判通り、もやもやとしてよく分からないSCが
なぜこの解答になるのか、ということを明確に解説してくださるので
SCをきちんと押さえるのには、非常に勉強になった。

一方、CRが心配だったので色々と先輩に聞いたところ、
アフィアンスという塾があるよということで、行ってみる。

2ヶ月間、土日一日中、缶詰で勉強するという、ある種合宿的な
塾で、先生についてのコメントはここでは差し控えるが、
つらいMBA受験をともに乗り切る、戦友ができたことが
大きな財産だった。

ここでできた戦友たちとは、本当に辛い時もお互い支えあったり、
情報交換したりと一生の友人になれたと思う。

ただ理系の自分としては、この塾で1ヶ月間丸丸Mathに
つぎこんでしまったこと、また先生からの偏った情報をうのみに
してしまったことは、後で非常に後悔した。
(勿論文系の人たちは、ここでマスをしっかりやれてよかったという
人たちもたくさんいました。)

9月以降は、独学で六本木ヒルズのアカデミーヒルズにこもり
OGとGMAT PREP、GMAT KINGと日々格闘する日々。

問題も一通り覚えてきてしまい、PREPでは、700点を連発するも
本番では、なかなか結果がでない。

そんなときに、カウンセラーの田中さんから紹介されたのが
アフィニティの野口先生

1月以降、個人レッスンを数回していただき、僕が本番に点がでない理由や、
弱点、それらの分析をもとにした勉強の内容やスケジュール、
本番の対策まで、本当に忙しい中、親身になって相談にのってくださった。

試験前などは、精神的に安定させるために、日誌のようなものを
メールで送っていたりした。

先生は、心理学も研究されているので、科学的に分析してくださり
自分としては、試験にあたって精神的に非常に整理されfocusできる
状態で本番に臨むことができた。

ざーっと、書いたとおり本当にいろいろな塾、先生にお世話になって
なんとか最後結果を出すことができたが、本当にかしこい人は
独学でもしっかり結果を出すことができている。

僕は、独学ではとてもできないと思い、お金をかなり使ってしまったし
回り道もたくさんしてしまった。

今もう一度半年前に戻れといわれたら(絶対いやだが。。)

・OGの11thを、なぜこの選択肢を選んだか、他の4つを選ばなかったかという
 理由を人に説明できるぐらい、くりかえりやりこむ。
 中国問題など、答えを信じられないものを中途半端にやるぐらいであれば、
 OGをしっかり理解してやりこむ方がよい気がする。
 (ただし、新しい問題に触れたいということであれば、中国問題は有効。
 というか、それぐらいしか、なくなってくる。)

・SCは、yesに通って基本ルールを理解する。
 ただ、傾向として長文になっているので、単語&読解力をつける必要があり
 テクニックに走ると、12月ごろの僕のように自爆する。

・一通りGMATをやったところで、壁を感じたら、アフィニティの野口先生
 のところに通って、分析してもらい、改善点を見出す。

・マスは、マスアカというテキストを一通りやれば問題なし。

という方法をとるかなあ、と思います。

ただ、ひとつ言えることは周りの友人を見てみても、
一緒に勉強をしていて、本当に時間をかけて頑張っていた人たちは
最終的に680点以上でている人が多い、といえると思います。
そうでない場合も勿論あるのが、この試験のつらいところでは
あるのですが。。

WBCの青木や中島をみて、なぜこの人たちはこんな場面で
自分の力を出すことができるんだろう、それに比べて自分はなぜ本番で
力を出すことができないんだろう、など考えたり、
リラックス法をいろいろと試したりして、
今後の人生においても、役に立つことも学んだGMAT受験でした。
| MBA | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/239
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE