<< 最近の生活 | main | 中国への交換留学 >>
Wharton Asian Business Conference
Wharton では、毎年様々なconferenceが開かれます。
例えば、Wharton India Economic Forumは、全米で一番大きい
インド系のconferenceだそうですし、他にもWharton Social 
Impact Conferenceやmarketing, consulting conference等々。

そんな中、今回Wharton Asian Business Conference (WABC)の
マーケティングダイレクターをやらせてもらうことになりました。
昨年は、中国系アメリカ人が運営の中心となっていたようですが、
日本の存在もアピールしなければ!と、手をあげてみました。

(上記は去年の告知ad)

WABCはアジアにfocusし、今後中国を中心としたアジアのビジネスが
どうなっていくのか、著名なスピーカーをお呼びしたり、様々なテーマ毎の
パネルディスカッションを通してトレンドをキャッチしていくと同時に、
アジアでビジネスを展開していくにあたり必要なコネクションを作っていく
場でもあります。
参加者は毎年500名以上を誇り、参加企業と学生をマッチングする
場所も提供します。

マーケティングcommitteeはundergradのWharton生4名を
含む総勢10名の大所帯で、当conferenceを運営します。

Co-presidentの一人であるJamesは、アメリカ系黒人で、英語、中国語を
話すナイスガイですが、彼の今回の目標は「アジア全体を巻き込む」。

マーケティングcomitteeの目標は、動員600名以上、参加してもらう人に
「きてよかった」と納得感をもって帰ってもらうこと。

Conferenceというのは、参加者のニーズをとらえることが非常に
難しいのですが、
・著名なキーノートスピーカーなどここでしか聞けない話が聞ける。
・アジアでの最新のトレンドがキャッチアップできる
・キャリアの面では、アジアで急成長している会社との
 コネクションができ、将来のキャリアに役に立つ
等々が、参加者の主なニーズでしょうか?

英語でのMTGのリードは、なかなか大変ですが勉強になりますし、
うまくチームを巻き込んで盛り上げていきたいと思います。
すでに、マーケチームはいい雰囲気ができてきており、これからが
楽しみです。

開催は11月19日(金)ですのでお近くの方は、是非ご参加ください!


| 日記 | 04:56 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
なんかすげー大変そう。でも楽しそうだねぇ。がんばって!

俺は下からFIJIで1週間ほどsurf conferenceを開いてきま〜っす。
| Hide | 2010/04/29 6:56 AM |
Hide そっちのconferenceにおれもよんでくんない?
FIJIいくよ^^
| yo | 2010/04/29 8:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/295
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE