<< 不況こそチャンス! | main | 上海到着 >>
データで見るWカップ
いよいよ明日(アメリカでは深夜)予選突破をかけたデンマーク戦。

Wカップは、チャンピオンリーグよりレベルが低いと言われる
けれど、これはこれで、国の威信を懸けた試合で、トッププレイヤーが
全力を懸けて戦うわけで、見ていて本当に面白い。

今回のWカップは、個人選手の能力だけではなく、各国がどれだけ
まとまっているか、チームワークがとれて、勝利に向かって一体と
なっているか、が予選突破の重要なファクターとなっている様子。

それぞれのチームのエース格が集まってきて、しかも
チームとして活動、練習する時間が少ない、という環境のもと
チームワークを形成するのは、なかなか難しいだろうなあと
容易に想像されます。「なんで俺がでれねえんだ」という不満が
たまるだろうし。

フランスの分裂(いじめって、、大人なんだから、)しかり、
カメルーンではアーセナルのソングが監督との確執から出場せず
日本に有利に働いた。
また、我が日本では、前回のドイツWカップでは、レギュラーと控え組が
まっぷたつに割れてしまい、チームとして一体感がなく敗退してしまった。

一方で、チーム分裂の危機がさけばれたイングランドは
名将の誉れ高いカッペロによって、なんとか予選突破を
決めた。

そういう意味では、今回出場機会が最も少なく難しいとされる
第3GKとして、チームをまとめる役割を任せるため川口を選んだ
岡田監督の狙いもばっちりだったわけですね。

個々の能力では負けるけど、1+1 = 2 以上になっている日本と
1(2?) + 1(2?) = 2以下になっているチーム という感じでしょうか?
自分を殺してでも、自分が属する組織の為に、という日本人独特の
美徳が世界でも通用している気がします。

ここからは、それだけでは通用しない戦いになってきそうでは
ありますが、、

また、それぞれの監督がどう戦術をたてて戦っているのか
といった点についても、非常に興味深いです。

様々なライターの方々が、Wカップについて、日本の戦術について
書かれていますが、僕のおすすめは、日経BPで掲載されている

データをもとに試合を分析されており、岡田監督の
狙わんとしていることの一部が理解でき、
感情論で議論するメディアとは、一線を画したレベルの高い内容で
おすすめです。

日本が今日勝って(引き分けて)もう少しWカップを
楽しみたいなあ。。ともあれ、こんなわくわくする試合を観戦できる
幸せをかみしめながら、応援したいと思います。頑張れ、日本!
| スポーツ | 07:30 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
桂福丸を検索したらひっかかった。
いつまにWhartonに。すごいなー。
今日は神楽坂で桂福丸が出る寄席を見に行きます。
Nぽん夫婦やたつも来ます。
明日は栃木のH/M家に行きます。

俺も森本美行さんの記事見て、日本行けるぞ!って思った。
ちゃんと見てる人の岡ちゃん評価は前から高いよね。
Best4も夢じゃない!
| TBPon | 2010/06/25 6:17 PM |
TBponさん、コメントありがとうございますー。
桂福丸がんばってますねー。寄席どうでしたか?
HMさん家訪問いいなあ。。
戻ったら是非また遊んでくださいねー。
| yo | 2010/07/03 6:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/309
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE