<< 2年目秋学期の履修授業 | main | Iron Prof Wharton >>
US Open Tennis
去年はあまりの忙しさに、断念したUS Open Tennis観戦。
今年も子供連れでテニス観戦は厳しいなあ、、と半ばあきらめていた
のですが、嫁さんが見かねて、「私たちはいいから、いってくれば?」
との一言。素晴らしい嫁だ。笑

急遽、テニス部の友人2人、TK氏とPeterと3人でいってきました。
ふらっしんぐめどおおお!!!!
(Iゾー君いいだろー。笑)

朝6時過ぎのバスで2時間でNYに。そこから地下鉄で30分程度。
やってきました、ふらっしんぐめどおおお!!(しつこい。)

ここに来たのは、学生時代にバックパックアメリカ横断旅行を
やった時に訪れて以来なので、14年ぶり。
当時と同じように、駅から会場まで橋が架かっていて、
様子は変わっていません。あの頃の自分に一瞬戻ったような気がして
不思議な感覚。

会場には、歴代優勝者の旗があって懐かしい顔がいっぱい。
これは、サンプラスとセレシュ。


他にもグラフやら、アガシやら、レンドルやら、エドバーグやら。

この会場は、NYの雰囲気そのもの。ざわざわとした雰囲気かつ
空港が近いので、ばんばん飛行機が上空を横切り、轟音が鳴り響きます。


金曜日のこの日は、メインのアーサーアッシュスタジアムでは
女子シングル準決勝と男子ダブルスの決勝。

でも、こういった大会で意外と面白いのがサブのコート。
選手と数メートルの距離で見れるので、選手の動きや精神状態が
手に取るようにわかります。

男子ダブルスは結構一方的な感じだったので、サブの
ジュニアの準決勝や、女子ジュニアのダブルスなどを見てました。

この台湾、中国ペアは、将来有名になりそうな予感。。
ジュニアなのに、すさまじいストロークうってました。


そして、いました。ナダル!
ミーハーに写真とりまくったので、ここからナダル写真4連発。


すごい人だかりだったのですが、前にいたご婦人が場所を譲って
くれました。笑
「とった写真おくってくれない?」と頼まれたので、勿論!と快諾。
名刺をもらったら、医学会で有名な教授でした。
「また、来年同じ場所であいましょうね!」と。
いやあ、是非会いましょう。

女子は、事実上の決勝戦と言われていたWilliams vs Clijstersの一戦が
もつれにもつれる、大接戦!


1stは、圧倒的にWilliamsペースだったのに、ママさんプレイヤーClijsters
も、持ち前の強打と精神力で、徐々にWilliamsを追い込みます。

1stセットのwilliamsを見て、「こりゃ、人間では勝てんな、、」と
話をしていたのですが、そこからまさかの大逆転劇。

結局、4-6, 7-6, 6-4 で、Clijsters勝利。
あまりの劇的な勝利に、会場全体が揺れていました。
(決勝は予想通り、6-2,6-1でClijstersの圧勝)

夜8時半発のバスでフィリーの自宅にもどったのが11時頃。
夢のような一日でした。
| スポーツ | 10:04 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
すご〜い!
生ナダル感激ですね!
普通のTシャツも着るんですね。。
| もりあづ | 2010/09/19 4:43 PM |
ラケットスピードが人間のものとは思えなかった。。練習も超真剣で、かっこよかったっす。
| yo | 2010/09/20 9:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/324
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE