<< ライフネット生命の新卒採用がいけてる | main | ええ話や、、泣きます。 >>
京大不正受験で、受験もかわらなきゃ
京大をはじめとして何校かで、受験生がyahooの知恵袋などに書き込みして不正をしていたとのニュースがありました。

その後の反応が色々あって面白いといったら勿論不謹慎ですが、興味深いです。冷泉さんは、入試の制度の限界を指摘されていますし、マネックスの松本さんは「試験の英作文自体ひどくない?」と、人気ブロガーLilacさんは、「日本の大学入試は本当に間違っているのか」とエントリーを寄せられています。2chでは既にmixi, twitterから犯人をわりだしています。さらに、面白いのが、灘高生のコメントを見て「余裕過ぎ」「灘かっこよすぎ」等々さすが2ch。

確かにリスクの高いやり方で、書き込むのが試験管にばれるリスク、書き込む時間、いつくるか分からない回答を待つ時間、例え回答をもらっても写す時間、さらにそれが正しいかどうかは分からない。普通に受けて合格確率が少しでもある受験生ならやらないような気が。。

試験といえばGMATの試験は、本人確認から試験中の監視は恐ろしく厳しいです。入場にあたって、全ての持ち物をロッカーに入れ持ち込み一切禁止。テッシュなども試験管から必要に応じてもらいます。試験会場は、TVカメラで録画され部屋への入室にはパスポートとさらに指紋、写真撮影が行われます。

噂なので真偽のほどは明らかではないですが、某国で大量のカンニング事件(身代わりでGMATを受けるのがはやった。また、GMAT塾がGMATの問題をデジカメで撮影し手に入れる為に受験生を大量に送り込んだ。)確かにGMATは、試験団体が販売しているGMAT問題しか世の中にないはずですが、GMATの塾が塾生に配布したとされる、○国問題と呼ばれるなぞの問題集があります。

あれだけきつくされると、確かに簡単にカンニングできない仕組みになっているなあ。

技術、世の中のsocial化がどんどん進む中で、それに対応する為に受験制度も変わる必要がありますし変わっていかざるを得ないんでしょうが、変化に対応する「モチベーション」「ドライバー」は、こういった象牙の塔的な組織にとっては何が有効なんでしょうか?

例えば、こういった不正が明るみにでれば、大学側としては勿論再発を防ぐ為に対策をうつでしょうが、殆どの世の中の変化は、こういう形ででるのではなく静かに進行している。しかし、大学側にその変化に機敏に対応するドライバー、モチベーションって何かあるのかなあ?と。

営利企業なら生き残る為にお客様に飽きられないように世の中の変化に遅れないよう、先取りできるよう対応する必要があります。そういった変化に対応する根本は「競争原理」にあると思うのですが、例えば大学入試の「競争原理」とはなんなんだろう?

近い将来、本当に優秀な学生は海外のハーバードなどを目指すようになると思うのですが、そうなったときに「優秀な人材を確保するため」に受験制度を変えたりするんだろうか。いずれにせよ、物事が誰の目にも明らかになった際の後追いにしかなりそうにないですね。どういう仕組みを作れば、文部省、大学などが、「自ら」変化に対応するように、問題を解決するためでなく、「高い目標をもって」変化していくようになるんでしょうね?(勿論内部には志の高い方が日々努力されているとは思うのですが、そういった個々人の自発的な活動は勿論重要ですが、組織として自発的に、変化を起こしていくような仕組みを入れるとすると何なのかな?と)

いい点悪い点勿論ありますが、例えばアメリカのビジネススクールのモデルは基本的に「ビジネス」です。ビジネスとして儲かる為に、sustainableである為に、寄付がどうやって多く集まるか、どれだけ良い卒業生を輩出しランキングを高められるか。ま、日本の教育界にも競争はあるとは思いますが、まだまだ世の中の変化についていけるものではなさそうですね。

ま、こんな事件がありながらも、個人が発信していける、個人と個人を有機的に結びつけていくSocial networkの今後、可能性って考えるだけで楽しみです。

| 教育 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/349
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE