<< Final Friday! その1 | main | 卒業式、感謝感謝そして感謝 >>
Final Friday! その2
すっかり更新がとどこおってしまいましたが、ようやく自宅に無線ランが設定できたので久々の更新です。日本に帰国してはや1ヶ月ちょっと。職場復帰して日々格闘していると、まさにあっという間に日々が過ぎています。帰国後の話も色々と書きたい事はあるのですが、まずは前回の続きを。。

前回のエントリー,Final Fridayその1 でクラスでの様子を書きましたが、クラスの集まり後はいざ学年全体の集まりに。800人強が集まる最後の集いはまさに、壮観のひとこと。



ミュージカルあり演奏あり

選ばれた生徒のスピーチあり
まあ、私もネイティブ級のスピーチを見せてもよかったんですが、ここは彼女達にゆずっておきました。(ウソ)

この多才で強烈な個性派ぞろいの仲間達と同じ時間を過ごせるのももう残り2日。寂しさと達成感でなぜだか涙が、、、

そして、いよいよ生徒同士がえらぶ「最もWhartonに貢献した人物」「creativeでvalueをもたらした人物」等々2年間の学生生活を通して仲間から選ばれた生徒達の表彰。

勉強でトップ級の成績を残すのも勿論すごいけど、個人的には2年間過ごした仲間に選ばれる、認められるというのはそれを超えたトータルの人間力を示していてそんな人にこそ本当にすごいなあ、と尊敬します。
そんなメンバーの中に、我がラーニングメートのDianeが見事選ばれた!

入学当初は、「私はリーダーなんてなれない。人をひっぱっていくなんて、、」と本気で言っていたNPO出身の彼女が、ラーニングメートの文字通り叱咤激励を受けて(無理矢理PJリーダーをやらされたりして)変わっていく姿をすぐそばで見ていた僕としては、「2年間で自分さえ真剣にそうなりたいと思えば、人はこんなに変われるんだ、成長できるんだ」と驚きました。

彼女は、Wharton Marketing Conferenceのchair man, Wharton FolliesというミュージカルのDirector,  その他にも学校のNPO的なイベントを率先して引っ張っていたのを皆に認められました。Dianeの笑顔、明るさ、前向きさに何度、僕も助けられた事か。。
Diane, ほんとにおめでとう!


僕もクラス代表の紹介のところで、登壇させてもらいました。
ほんとに名誉なこと。踊りでも練習していきゃよかったな。

最後のWharton Videoにも登場&おちをつけることができて、さあいよいよ残すは卒業式のみ。まさにファイナルカウントダウンです。
| MBA | 12:33 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://g2inrdct.jugem.cc/trackback/361
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/12/16 6:07 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE