WABCを終えての気づき 自分の頭で考える
この数ヶ月準備をしてきたWharton Asia Business Conference
(WABC)が昨日開催されました。

運営者として、また参加者として、本当にたくさんのTakeaway
を得る事ができた。
雑感を何度かに分けて書いてみたいと思う。

一番のインプレッションはAsia conferenceというより、
China(とIndia) conferenceだったなと。
如何にChina marketにはいっていくか、
ということに皆の注目が集まっていた。

上記点については、私が所属している会社も同じ課題を抱えている
ので、興味深かったのだが、一日本人としては、日本の市場が
もはや魅力のない市場、成長性のない市場と扱われている点について
分かってはいたものの、世界からみると、自分が考えている以上に
日本の存在感がないことにショックを受けた。

なんでかなと色々考えているのだが、ひとつはコミュニケーション
能力の低さだと思う。(他の点は、高齢化社会、人口の減少、
リーダーシップの欠如、この点はまた後日)

一般的にいって、下記の等式がなりたつと思う。

(自分が考えている、思っている事)×(相手に伝わる割合)
=(相手に伝わった内容)

自分(日本、日本人)が考えている、思っている事は
そんなに、他の国の人たちと比べ、負けているとは思わない。
魅力的な人々、能力が高い人々は日本にだってたくさんいる。
日本人の倫理観の高さ、チームへ貢献する姿勢は世界に
誇れるものだと思う。

一方(相手に伝わる割合)という点については、世界共通語
(英語)による発信力が弱い為に、半分も伝わっていないのでは
ないかと思う。その結果、(相手に伝わった内容)が(自分が
考えている事)の半分しか伝わらず、結果(こいつしょぼっ!)
ということになる。

どんなに、自分に魅力があっても、どんなに素晴らしい考えを
もっていても、相手に伝わらなければ意味がない。

どんなに、「自分は素敵ですよー、デートしましょー」といっても
一人よがりの男(女の子)にすぎなく、魅力的な人が
デートしてくれるわけがない。

今の首相をはじめ、日本のトップにいる人たちの世代は
それでもよかった、インターネットもなかったし、(内需および技術力を
中心とした)国力もあったので、なんとか勝負になったんだろう。

向こうが話を聞いてくれる姿勢があるうちは、または言葉を
使わなくても伝わる「製品」で商売ができていた間は
世界共通語がうまく話せなくても、相手に自分のいいたいことを
「伝える」ことができた。

ただ、今は、これからは、インターネットにより殆どの情報は
一気に拡散され、更にビジネス、マネーは世界中をすごいスピードで
ますます駆け巡る事になる。

世界共通語ができないと、その流れに入ることもできないし、
相手にしてもらうことさえ難しくなる。
ネットを駆け巡る一次リソースに触れる事もできないし、
ダイレクトに人と話をしていくことも難しい。

という自分だって、MBAに1年以上いるのに、未だに自分のいいたいことを
的確にいえず何度も悔しい思いをしている。
日本語だったら、、と思う事もあるが、そんなの誰もかまってくれないし
戦場にいて「ああ、もっといい銃があったら、、」と思うのと
一緒だ。(ちょっと、違う?笑)

じゃあ、どうすればいいか?

勿論今の日本の教育制度をかえることが重要だと思う。(だからこそ
軽井沢インターナショナルスクールのような学校を応援したい)

ただ、色々な制約にしばられている文部省がすぐ今の英語教育を
変える事はできないだろうし、そこまでの危機感をもっているとは
思えない。リーダーシップは発揮することもできないだろう。

そう考えると、個人でなんとかするしかない。

ただ、僕はそこまで人間は強くない(というか僕は極めて弱い)ので、
世界共通語を話さざるを得ない状況に自分の身をおくしかないと思う。
(意思が強い人は自分でできるので、置いておいて。。)

僕が今高校生だったら、間違いなく海外の大学に進学を目指すだろうし
大学生だったら、交換留学ができるように必死に勉強する。
社会人だったら、海外との接点がある仕事を希望する。

あとは、ある意味世界共通語であるソースが書けるように
勉強すると思う。(今からでも遅くないかな。。)

必要だと思ったときは既に手遅れ、、ということにならないように、
自分で考えて自分で動くしかない、当たり前だが自分自身で考えて
動く事が必要だと思う。国に頼る事なく、学校、会社に頼る事なく。

人と同じ事をやっていると安心はするけれど、ひょっとすると
沈んでいく船にのっているかもしれない。
沈んでいて、息ができなくなったときに、初めて後悔しても
もう遅い。

という自分も、(伝えたい内容)もしょぼければ、言語を含む
コミュニケーション能力ももっと磨く必要があるなあ、と
日々反省。日々意識して、磨いていくしかない、近道は
ないし、自分で考えるしかない、日々努力するしかないなあと、
気づきを与えてくれたカンファレンスでした。

このブログを結構若い人が読んでくれているようなので、
書いてみました。おっさん達のいうことを丸々信じないように
しましょう。自分達がplayしている世界のルールは日々かわって
いっていて、おっさん達の頃とは全く違ったものになるはず。

そうすると、そんなおっさん達のアドバイスの一部は役に立たないものに
なるかも知れない。そういう、僕(おっさんに含まれる)の話だって
参考になる部分とならない部分があるに違いない。

色々情報を集めて参考にしながら、最後は自分の頭で考える
しかないのです。ただ、昔よりインターネットによりブログやニュースに
接する事ができるようになったので、「考えている人」は
どんどん成長することができる。いい時代になったなあ。
頑張っていきましょう。
| MBA | 07:48 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
荒井裕樹さんと小林りんさん
先日日経ビジネスオンラインを見ていると、面白い記事を見つけました。

3年以上前にこのブログで「荒井裕樹さん」という題名でエントリーを
書いた事がありますが、その後なんとNYスローンのMBAを卒業され、
現在ブックフィールドキャピタル株式会社の共同最高経営責任者を
されているとのこと。

同じ金融業界に飛び込まれてるんですね。
記事を読んでいただくとわかりますが、その心意気共感します。
卒業したら、是非一緒に仕事できればいいなあと。

同じ時期に、先日のエントリーでとりあげた軽井沢インターナショナル
スクールを立ち上げをすすめられている小林りんさんも、
という記事を日経ビジネスオンラインで掲載されています。

やるな、日経ビジネスオンライン。

最近特に思う事は、当たり前のことではあるんですが「自分で考えて
自分で動いてその結果の責任も、完全に自分でとる」決意というものが、
腹の底からの決意が必要なんだなあと。要はもう外部環境が、
なんとかしてくれる、友達が、友人が、国がなんとかしてくれるなんて
考えるのはアマチャンもあまちゃんで、もう甘えてられないよ、
ぼけーっとしてたら人生そのままおわっちゃうよ。と。

先日twitter でつぶやいたら、色んな方からレスをいただいたコメント
「現実から線を引いていくより、自分がどこにいきたいか、
何を目指すか、というゴールから線を戻して考えた方が小さく
まとまらなくていいなあと思った。現実は勿論あるんだけど、
まだこれから何十年とある人生と考えると、現実なんて、
いくらでもかえられる。」

と共に、最近強く感じるようになりました。
そろそろ、学生から社会に戻る時期ですかねえ。
| MBA | 06:20 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
軽井沢インターナショナルスクール
相変わらず上海におります。
久々の独身生活を満喫(?)中。

さてさて、いちぞー君のブログを見てしったのですが、
財団が、現在サマースクールを開催中とのこと。

理念は、
あしたのアジアを担う 子どもたちの育成をめざして」:
グローバルな視点と同時にアイデンティティを大切にし、
自らの力で考え生きていけるたくましい人間を、
知力・体力・精神力の全面から育成します。

私が日頃から感じている問題意識に対して
実際のアクションを起こされている方がいらっしゃるとは!

立ち上げということで、大変なことだらけだと
思いますが、すばらしい理念をお持ちなので、必ずや
成功すると信じています。

私も、帰国後どんな形でもいいのでお手伝いできればなあと
思います。

ビジネスでしっかり成功して、人に教えられるぐらいの経験、
知識、教養を身につけた暁には、こういった学校で
教えることができれば、、というのが実は私の夢の一つだったり
します。
| 教育 | 17:14 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
日本の魅力に気付く
何年か前に「日本は観光立国を目指す」という国の方針を聞いた時
海外からわざわざ日本にきて、みるものなんてあるんかなあ?
と半信半疑でした。

が、今アメリカに一年ほど過ごし世界中からきている友人たちの会話を
通じて、またJapan tripで「Japan Cool!」といってくれる友人たちと
話して、改めて「ああ、日本っていうのは、面白い国だなあ。観光立国
としても間違いなくやっていける魅力があるな。」と実感しました。

住んでいると当たり前に感じていたことなのですが
日本には、春は新緑や桜、夏は祭りや花火、秋は紅葉、
冬は雪 と季節感あふれる四季折々の景色が楽しめます。

そして、旅行の楽しみ食事は、寿司、そばなどの和食は勿論
イタリアン、フレンチ、中華、焼き肉どれをとっても、世界一流
レベル。(値段が高いのが難点ですが)

観光地といえば、東京だけでも築地に、浅草、秋葉原、渋谷、新宿、
銀座、お台場、六本木等々事欠かず、鎌倉、湘南、軽井沢、京都、
広島も観光地としては
外せません。

そして、実際に旅行する上で大切な治安も、夜中に出歩いても
ほぼ安心ですし電車等のオペレーションも世界一。

英語が通じにくいというのが欠点ではありますが、殆どの日本人は
非常に親切に対応してくれるという評判です。
(成田という都心部からはなれたところに、空港があるというのも大きな
欠点ですね。海外の主要都市をみると、空港は都心部に近い便利なところに
比較的あります。そういう意味では、ハブ空港として羽田に大きく
期待しています)

百聞は一見に如かず、という言葉があるように、
日本を好きになってもらうには、日本ファンを増やすには、
実際にきてもらって、実感してもらうのが一番!

ということで、観光立国日本 是非日本人として
胸をはって、海外の方々にアピールしていきたいと思います!

ニッポンいいとこ、一度はおいでーー



| MBA | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
代々木公園のドッグランと代々木上原のenboca&bar中川
時系列が逆になりますが、土曜日は秋晴れの元のんびりとした一日。
代々木公園でビールをくらいながら、日向ぼっこ
最近?できたらしい、ドッグランに凛をデビュー!!

おびえる凛


地面がおがくずになっていてフワフワして気持ちいいーー!!

そして、最後は他の犬に追いまくられひざの上に・・だめなやつ・・


その後、夜は奥様とデート。
軽井沢でめちゃくちゃ美味しいピザが食べれるen bocaが代々木上原にもオープンしたとのことで、いってきました。

その後はいつものbar nakagawa
落ち着いた雰囲気ですごくリラックスできます。しかもカクテル、ウィスキーの味が格別!!(そーいえば、花より男子にもでてたらしい。)
へべれけに酔っ払っていいお酒を飲めた一日でした。
| 日記 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
なかのひとん
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE